• MOI! FINLAND観光ポスター展/エリック・ブルーンポスター展開催。
  • 2014/10/30
  • ご好評に付き[エリック・ブルーンポスター展]会期が延長となりました!

    【延長会期 11月1日(土)〜11月30日(日)】

     

    北欧でいち早く話題になり広がりつつあるエアロプレスを導入しているイズマイ。

    デザインでも先端を行きつつ、北欧諸国の中でも日本ではまだまだ知られていないフィンランドにスポットを当て、夏の間2期にわけてそのデザインの魅力をポスターから探ります。書籍も北欧諸国/フィンランド関連書籍をご紹介致します。

    自然とのつながり、捉え方、そして人生の楽しみ方、などなどコンフォートな過ごし方において日本にどこか近い感性をもつフィンランド。心地よいイズマイの空間で、エアロプレスのすっきりとした味わいの珈琲を楽しみながらフィンランドの文化の一端に触れてみてください。

     

     

    ※第一部は終了致しました! 

    ★第一部 2014年7月12日-8月31日 【Moi! Finland 観光ポスター展】

    (8月14日ー18日は夏期休業となります)

    フィンランドのヴィンテージ・トラベルポスターのアーカイブをリプリントした「Come to Finland」。

    当時の流行を反映したポスターデザインは、手描きタッチのものからグラフィカルなものまで様々です。

    昔のポスターはインパクトのあるデザインが多く、カラフルで大胆な構図、でもやはり北欧、どこか涼しげでさわやかなポスターたちをご覧ください。


    ★第二部 2014年9月1日-10月31日→11月30日まで 【エリック・ブルーンポスター展】

    フィンランドを代表するグラフィック・デザイナー。Central School of Industrial Designにてグラフィックアートを学び1950年卒業。広告用ポスターやポストカード、切手、紙幣など数々のユーモア溢れる名作を生み出しました。
    フィンランド航空やオレンジジュース「JAFFA」のポスター、フィンランド旧通貨マルッカの銀行手形のデザインをしたことで有名です。
    作品は自然をモチーフにしたデザインが多く動物もよく登場します。インパクトのある構図と大胆な色使いも彼の特徴です。
  • サンデー・ブランチ レッスン
  • 2014/10/29
  • 菓子文化研究家の原亜樹子さんにお越し頂き、アメリカで古くから愛される郷土菓子について教えていただきます。

    果物をたっぷり使った定番デザートの一つ「コブラー」の作り方デモンストレーションと、1日限定のアメリカ風サンデー・ブランチもお楽しみいただけます。

    いつもとはちょっと違った冬の日曜日をお過ごしください。

     

    【日時】11月30日(日)10:30〜12:00

     

    【参加費】1600円

     サンデーブランチプレート + ワンドリンク 付

    (ビスケット&グレイヴィー/コーンブレッド/冬の果物のコブラー)

     

    ※当日はイベント関連書籍の販売もございますので、是非お手に取ってご覧下さい!

     

    【講師プロフィール】 原亜樹子氏
    菓子文化研究家(アメリカ菓子&和菓子)。米・イリノイ州の高校へ留学、卒業後大学では食の文化人類学を学ぶ。国家公務員として6年勤務したのち、菓子文化研究家へ転身。オールアバウト「和菓子」ガイドも努める。著書に『コブラーとクランブル』『自家製グラノーラと朝の焼き菓子』『アメリカ郷土菓子』。
    ■講師関連サイト  All About 「和菓子」 / handmade おやつどき

     

    【ご予約方法】 

    mail@ismy.jp にお名前、ご予約人数、お電話番号をご記入の上、

    件名を「サンデーブランチ」としてメールをご送信下さい。こちらから返信をさせて頂き次第、予約完了となります。


    ※3日以内に返信が無い場合、送受信エラーの可能性が考えられます。

    大変お手数ですが、03-3865-6081(KKHK:イベント担当/土日祝休)までお電話をお願い致します。携帯電話アドレスからのエラーが多くなっているようです。

     ※イベント直前のキャンセルは、材料手配の都合上キャンセル料を頂く場合がございます。

    ※小学生以下の方のご入場はご遠慮を頂いております。
  • 10月の営業時間のご案内。
  • 2014/10/28
  • 下記日程はイベント『三田修平さんがつくる『食』の本棚』開催のため、一部時間を変更して営業いたします。

     

     10月29日(水) 17:30 クローズ (ラストオーダー 17:00)

     

    ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

  • 木とあそぶ「みのりの教室」
  • 2014/10/23
  • 植物を暮らしに取り入れてみませんか?

    『植物のお医者さん』塩津丈洋さんに教えていただきながら小さくてもしっかりと実をつける木の鉢植えを作ります。

    土いじりが初めてでも安心の、やさしくて深い植物の教室です。

     

    【日時】 11月19日(水)19:00~21:00

     

    【参加料金】4000円

     実のなる木と苔を小さな鉢に植えていただきます。

    (材料費込、パイ&スコーン、ドリンク付き、作った自分の作品はお持ち帰り頂けます。)

     

    【持ち物など】

    扱う土は少量ですが服の汚れが気になる方は念のためエプロンなどをご持参ください。

     

     

    【講師プロフィール】

    塩津 丈洋(植物研究家)

    自然破壊・環境問題が深刻化している現在、改めて植物の存在価値を見つめ直すため2010年植物の治療・保全を主とした塩津丈洋植物研究所を設立。日本各地にて 植物の魅力を伝えるため  会社 ・ 学校 ・  cafe ・ gallery  等 さまざまな場所で盆栽や苔玉といった 植物に触れ つくり育てるワークショップを行っている。
    IID世田谷ものづくり学校内「自由大学」教授/名古屋芸術大学OHOC講師。

    ■講師関連サイト  塩津丈洋植物研究所 /  あめつち

     

     

    【ご予約方法】

    mail@ismy.jp にお名前、ご予約人数、お電話番号をご記入の上、件名を「みのりの教室」としてメールをご送信下さい。こちらから返信をさせて頂き次第、予約完了となります。

    ※3日以内に返信が無い場合、送受信エラーの可能性が考えられます。大変お手数ですが、03-3865-6081(KKHK:イベント担当/土日祝休)までお電話をお願い致します。携帯電話アドレスからのエラーが多くなっているようです。

     ※イベント直前のキャンセルは、材料手配の都合上キャンセル料を頂く場合がございます。

    ※小学生以下の方のご入場はご遠慮を頂いております。

     

  • 10月の営業のご案内。
  • 2014/10/21
  • 下記日程は『青の部屋 vol.9』開催のため、一部時間を変更して営業いたします。

     

     10月22日(水) 17:30 クローズ (ラストオーダー 17:00)

     

    ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

  • 10月の営業のご案内。
  • 2014/10/17
  • 下記日程は一部時間を変更して営業いたします。

     

     10月18日(土) オープン 11:30(午前貸切営業のため)

     

    ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

  • 10月の営業のご案内。
  • 2014/10/08
  • 下記日程は秋からはじめるタニク勉強会 ー秋の夜長と。vol.3ー開催のため、一部時間を変更して営業いたします。

     

     10月8日(水) 16:30 クローズ (ラストオーダー 16:00)

     

    ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。

  • 青の部屋 vol.9
  • 2014/10/06
  • 青野賢一×菊竹寛×田中義久

     

    BEAMSの青野賢一さんが毎回ゲストをお招きしてお送りするトークショウ『青の部屋』。

    第9回は、2014年4月創刊の雑誌『疾駆 / chic』発行人・編集長の菊竹寛氏、同誌グラフィックデザイン担当/田中義久氏をお迎えしてお送り致します。

    雑誌でありながらハードカバーを採用するなど斬新さが際立つ『疾駆 / chic』を手がけるお二人から、青野さんがどんなお話を引き出してくれるのかどうぞご期待ください!

     

    〜from Aono〜

    近年、自らの生活を見つめ直すひとが増えています。モノや情報が溢れる現代において、自分にとって本当に必要な物事は何かを問い直し、衣食住を再構築する。こうしたことは日本でも欧米でもゆるやかに進んできているように思えます。その際、享楽的なトレンドは要らないけれども、何か指針となるものや気付きを与えてくれるものは、あるといいでしょう。

     

    10月の「青の部屋」は、新しい生活文化誌『疾駆 / chic』の発行人・編集長である菊竹寛さんと、アーティストユニット「Nerhol」としての活動でも知られ、『疾駆 / chic』のグラフィックデザインを担当する田中義久さんのお二方をお迎えします。創刊号では根室を、二号目では太宰府を特集で取り上げ、そこで現在進行形で行われている衣食住の新たな視点を丁寧に検証していますが、それはわたし達に、その土地の歴史や風土をも含んだ上で今の文化創造とはどういうことかを考えさせてくれます。スクラップ&ビルドではない文化や生活の在り方、とでも言えばいいでしょうか。また、雑誌でありながらハードカバーを採用するなど、デザインの面でも従来の枠組みに囚われない、それでいてどこか独特の懐かしさや心地よさがあるものとなっているのも興味深いところです。

    菊竹さん、田中さんに『疾駆 / chic』の設計思想を伺いながら、「これからの豊かさ」について考えを巡らせる時間になれば、と思います。(青野賢一)

     

    【開催日時】10月22日(水)open 19:00 / start 19:30

    【参加費】 2500円(パイプレート&1ドリンク、おみやげ付き)

    【出演者】 青野賢一(BEAMS)、 菊竹寛(『疾駆 / chic』編集長)&田中義久(グラフィックデザイナー)

     

    【ご予約方法】mail@ismy.jp にお名前、ご予約人数、お電話番号をご記入の上、件名を「青の部屋予約」としてメールをご送信下さい。こちらから返信をさせて頂き次第、予約完了となります。

     

     ※3日以内に返信が無い場合、送受信エラーの可能性が考えられます。大変お手数ですが、03-3865-6081(KKHK:イベント担当/土日祝休)までお電話をお願い致します。携帯電話アドレスからのエラーが多くなっているようです。

     ※イベント直前のキャンセルは、キャンセル料を頂く場合がございます。

     

    [その他注意事項など]

    ●開場時間よりお料理とドリンクをサーブさせていただきますので、開場時間に合わせてご来店頂けると、お腹が満たされた状態でじっくりとトークを聞くことができます。

    ●トーク中はドリンクの追加注文を受け付けておりますので、ご希望の場合は挙手をお願い致します。
    ●トーク後は恥ずかしがらず、是非お気軽にご出演者の方とお話しくださいませ。

     

    青野賢一

    BEAMS クリエイティブディレクター/BEAMS RECORDS ディレクター

    1968年東京生まれ。「ビームス創造研究所」所属。執筆、編集、選曲、DJ、イベントや展示の企画運営、大学での講義など、BEAMSの外での活動を行う。著書に『迷宮行き』(天然文庫/BCCKS)がある。

    http://www.beams.co.jp/

     

    菊竹寛 (『疾駆 / chic』発行人、編集長)

    1982年生まれ。タカ・イシイギャラリー在籍。ギャラリーにて展覧会の制作、運営に携わる傍ら、2012年には芸術批評誌『凶区』を創刊。同誌の企画・編集を務める。

     

     

    田中義久 (『疾駆 / chic』グラフィックデザイナー)

    1980年生まれ。東京都写真美術館をはじめ、美術館、コマーシャルギャラリー等の展示V.I計画や、アーティストの作品集の装丁、デザインを手がける。2013年、JAGDA賞、JAGDA新人賞を受賞。飯田竜太(彫刻家)とのアーティストユニット「Nerhol」としても活動中。

     

    『疾駆 / chic』

    現代の生活に含まれる様々なものの関係性を紐解き、物事が持つ無数の魅力を明らかにしていきながら、豊かさの意味を検証し拡大する、新しい生活文化誌。特集、連載、コラムでは、現代の衣食住をより豊かな方向へと導くような取り組みを行っていたり、新しい可能性を探っているひとびと、地域を取り上げ、読者に新たな視点を提供している。またこれまでにない雑誌の在り方を探るべく、ハードカバーを採用するなど、装丁、デザインにおいても新たな実験を行う。2014年4月に創刊。年間5冊刊行予定。

    『疾駆 / chic』http://chic-magazine.jp/

     

     

    •  

      • 2016 (29)
      • 2015 (51)
      • 2014 (55)
      • 2013 (31)
      • 2012 (4)